太陽光発電の世紀へ

気になる太陽光発電について

最近、私の周りでも太陽光発電を導入する人が増えているようで、
太陽光発電を導入したといった話を良く耳にします。
太陽光発電を導入するメリットとしては、電気料金を抑えたいといったものや売電が出来る点、
震災や災害といった天災が起きた場合の万が一の備えに使用出来るといった事が挙げられると思います。
あと良く言われる、故障した場合のランニングコストがかかるといったものについては、
発電部に可動部分が無く、半導体を使用しているために原理的に機械故障が起きにくい仕様らしいので、
故障はめったに起きないようです。
我が家でも電気代を安くしたいと考えていますし、万が一の備えとしても活用出来る太陽光発電の導入を検討していますが、
一番気になるのは導入費用になります。
太陽光発電を取り扱う業者が増え、価格がこなれて来たとは言え、コンパクトカーを購入する位の値段はかかるようです。
今後も太陽光発電は進歩するとは思いますが、それに伴い導入コストが下がる事を期待したいところではあります。
太陽光発電の価格

太陽光発電が流行しているみたいです。
2014年現在、130万世帯にソーラーパネルが設置されているそうなんですよ。
どの新築住宅関連の雑誌でも[ 売電収入で家を建てる ] [ 0円住宅 ] というフレーズが踊っています。何よりもエコですし、何よりも新しい風に軽やかに乗っている感じがしますね。
太陽光発電は長い長い期間において、そこに暮らす人達に恩恵をもたらすクリーンエネルギーです。しかし現実世界では太陽光発電システムの経年劣化とゆうものも在るだろうし、維持費とゆうものもバカにはならないと思います。まだまだ売電システムだって発展途上ですし、先行きは確かなものとまでは言い切れないかもしれません。しかし、この流れが大きなものになるなら、クリーンエネルギーは拡大されていくことだろうし、世の中も新しい発電の在り方に対して真剣になっていくのではないでしょうか。そんなに簡単にはいかないのが世の中だけれども、太陽光発電は新しい可能性の塊であることに間違いはないなと再考しているこの頃なのです。

 

続きを読む≫ 2014/10/10 19:36:10